‘Greatest Hits’ Jaguar XJ6 XJ 50th anniversary celebrations



ジャガーはXJ50周年記念の一環として、イギリスのヘヴィメタルバンド「アイアン・メイデン」のドラマーのニコ・マクブレインのカスタムモデルであるジャガーXJ6 “グレイテスト・ヒッツ”をジュネーブモーターショーにて公開しました。






• ジャガーXJ 50周年記念第一弾はアイアン・メイデンのドラマーであり、ジャガーファンでもあるニコとのコラボ。
• ニコのクラシック1984年式 XJ6シリーズ3にはジャガーXJ製造 50年分のカスタムが施されている。
• “グレイテスト・ヒッツ” XJはニコ・マクブレイン、ジャガー・ランドローバー・クラシックワークスのエンジニアたちとジャガー・デザインスタジオの局長Wayne Burgess氏とのコラボレーション。




“グレイテスト・ヒッツ” XJはニコ・マクブレイン、イギリス コベントリーのジャガー・ランドローバー・クラシックワークスのエンジニアや技術者たち、ジャガー・デザインスタジオの局長Wayne Burgess氏とのコラボレーション。このプロジェクトには3500時間以上の作業時間がかかり、4000にものぼるパーツがカスタムのため交換・改造・再設計された。他にはない1984 年式XJ6を目指したこの一台は外見からインテリア、パワートレインやサスペンションの隅々までニコの理想の一台となっている。

「これは究極のXJだ。まさに私のジャガークラシックの愛の形だ。無事完成してこのようにジュネーブモーターショーで展示されることをうれしく思う。 “グレイテスト・ヒッツ” という名前の通り、この一台にはXJのすべてが入っている。ジャガークラシックチームの技術力には脱帽だ。ジャガーの中でも特にお気に入りのXJがちょうど50周年を迎えるなんて最高のタイミングだ。」とニコ・マクブレインはコメントした。





オリジナルデザインはそのままに、LEDヘッドランプになっています。

ボンネットの先端にはもちろん、リーピングキャットが付いていて完璧!




カスタムメイドの18インチワイヤーホイールに235/45 R18 ピレリ P Zero タイヤ
より洗練された調節可能リアダンパー付きサスペンションで、操縦性も良さそうです。

XJ6の独創的で美しいリアスタイルには、左右4本出しのマフラーエンドでスポーティーさを演出。





タッチスクリーン式カーナビゲーションに各種エンターテイメントシステムまで搭載しています!
オリジナルの内装に見事にマッチしていて、クラシックワークスの腕が光ります。
(センターコンソールにCLASSICの文字が控えめに?アピール)




シリーズⅢのXJは、ジャガーサルーンの中でも最高に格好いいです!

ジャガーのクラシックワークスがアイアンメイデンのドラマーの為に作り上げたワンオフモデルなのですが、同じようなXJを是非作ってほしいと思わせる仕上がりです。




上の写真のようにXJ220とE-Typeと一緒に展示できたらいいですね。
1台オーダーできないかな? (プライスが凄そうですが、、)


Shintoyo Enterprises



コメント

このブログの人気の投稿

JAGUAR XJ 220

THE NEW RANGE ROVER VELAR デビューパーティー@みなとみらいSR

JAGUAR LANDROVER YOKOHAMA OWNER'S GOLF TOURNAMENT 2017